スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵日記



人があらゆる筋肉が弛緩するほど深い眠りにつくと、目が開いてしまうそうである。

タイでは浮浪者がよく道ばたで寝ている。

道ばたで寝ているような浮浪者は大体が精神を病んでいるようである。

私なんかは何をされるかわからないし恐いな、と思うのだが屋台の人々はご飯を渡してあげているので、人が支え合うってこういうことかと感心する。

本日も浮浪者が道ばたで寝ていたのだが、目が半分開いていて恐いのである。

死んでるのかと思って観察していたらお腹が上下して生きていた。

道ばたに人が横たわっていたら何となく死んでいるんじゃないかと思うのは私が日本人だからだろうか。

サンダルも履いていないし、何も持っていない。

だから道ばたで寝ていても安全なのか、と思った暑い朝であった。




絵日記



ドリアンマンムアンという、タイのお菓子を買った。

日本の和菓子のようなものである。

甘く炊いたもち米の上にドリアンがひとかけら乗っており、その上にココナッツクリームをかけて食べる甘党にはたまらない一品である。

ドリアンを10年ぶりに食べようと思いたったのだが、大体が大きいブロック売りになっており、少しだけ食べたいと思った結果行き着いたお菓子である。

バンコクの町中は多様な匂いがあふれており、ドリアンもそれほど臭いと感じない。

だが、バスは違った。

密室空間に乗ったとたんドリアンのひとかけらはその威力をあますことなく発揮し、お気に入りの虎さんトートバッグの中から存在感を示しだした。

袋の口をしばってもかばんの口を折りたたんでもどうにもならずあえなく撃沈した。

あとはバス酔いとドリアン性偏頭痛によろめきながら帰るだけであった。

久しぶりに食べたドリアンはおいしかったが、次は10年後でいいと思う味であった。

絵日記


 
日曜日になるとアパートの裏のテニスコートにやたら唸りながらしか打てないプレイヤーが来る。

唸っても唸らなくても同じだと思うので、唸るのはここいちばんのときだけにしてほしい。
 
もしくは1時間ぐらいで帰ってほしい。
 
この灼熱の日中に影もないテニスコートで3時間もテニスをするなんてどうにかしているとしか思えない。

ん?だから唸るのか??




絵日記



バンコクでタイ語の教室に通っています。
 
今日はその「AUA」という学校の紹介です。

ちょっとかわっていると言われている学校です。

理由はあるレベルに達するまで学生にタイ語を一切話させないことです。

話させない理由はタイには声調と言うものがあり、学生が間違えた発音を何度も言うと耳がそれを覚え、くせになると直らずタイ語が通じないと考えるからです。

声調とは単語によって、例えばカタカナで「マー」でも音の高さによって意味が全く違うことです。

授業で先生はイラストを使ったり、描いたりアクションをしたりして学生にタイの習慣やニュースを教えてくれます。

語彙コントールされており、よく使う言葉が多用されるので学生は何度も聞くうちに自然に覚えます。

また、特徴の一つとしてタイ語以外の言語を排除し、聞くことに集中させるためメモなどは一切禁止です。

先生から質問がくるので実際は学生は英語を少し使います。

実はこの学校に10年前ほど前通っていました。

ほとんど忘れていたのですが、日本語を介さず入ってきたせいか10年前習ったタイ語がみるみるよみがえりました。

これはおどろき桃の木です。

当時の先生はほとんどいないのですが、数名残っており、私のことを思い出してくれた先生もいました。ありがたいことです。

授業は聞いてるだけなのですが、先生の方では学生の理解度を把握しているようです。

そして、本日、飛び級も飛び級で
「一つ上のクラスへ行きたまえ!」
と言われました。

ぎょえーー!!です。通常は1レベル200時間ほど受けるのですが、再開して30時間ほどしか経っていません。

1時間お試しで上のクラスへ行きそれから決めなさい、と言われたのでお試しして断ろうと思いました。

でも、毎日真面目に通ういちども話したことのないアメリカ人のマイクが心底うらやましそうな顔で
「コングラッチレーション」
としょんぼり言ったので、意地でも上のクラスで勉強しようとなぜか思いました。

お試しでは、タバコじゃない何か吸引するものが好きな坊主が92歳で亡くなり、その坊主は生前未婚の60才のタイの王女に子どもがいますか?と打ち首ものの質問をしてしまったというエピソードしか50分で理解できませんでしたが、月曜日からがんばろうと思います。

絵日記



で~き~た~♪で~き~た~♪
な~に~が~で~き~た~♪
 
メバチコ!!


みなさま、お久しぶりです。
お元気ですか。

私はほどほどです。

目って冷やしちゃだめなんですよね。

そうです、温めるのが正解です。

あっつい、あっつい、蒸しタオルをお目目に乗せるのが正解です。

正解のまま眠ると、あ~ら不思議。メバチコがこんにちは。

あっつい蒸しタオルだって1時間経てば私の超能力で冷えタオルですよ。

というわけで、バンコクからまたありきたりの非日常をお届けします。
 
よろしくお願いします。
プロフィール

申垣 和美

Author:申垣 和美
14年4月から就職してバンコクで働いていましたが、15年4月より仕事を辞めタイ語と英語の勉強をしています。
ちょっとずつでも絵日記書いていこうと思っています。
糸紡ぎは盛大に続行中です。糸が欲しい人はお知らせください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ヤクの背中で糸紡ぎ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。