スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵日記



7月に髪を切った。

初めて切るのでどこへ行けば良いかわからないし、高いところは嫌だった。

2000円までで切りたい。

だが、ざくっと切られて終わりなのも嫌、とわがままなことを考えていた。

同じ時期に日本からタイへ来た同僚は毛量が多く、切らなければどうにもならなくなっていた。

その同僚がタニヤという日本のおじさんたち御用達の場所にある予算内の美容室を見つけてきた。

ならば二人で行こうと7月のある日に行ってみた。

美容室にはタイのおばちゃんが一人おり、綺麗な日本語で間違いのない敬語を話してきた。

おぉ!!素晴らしい接客じゃ!これで腕も良ければパーフェクトじゃ!という感じである。

タニヤというギラギラした場所に綺麗な日本語というギャップも良い!

まず、同僚が切ってもらうことになった。

待っている間にオカマが一人、入ってきた。

そわそわしてるいるおかまとおばちゃんは英語で何かしら話していたが、おばちゃんが私の方を見て

「この人でもいいですか」

と聞いてきた。

俄然私の好奇心が火を吹き出す。

オカマが!!このわかりやすいオカマが私の髪を切る!!!しかもタイなのにタイ語がわからない!国籍不明のオカマ!ハラショー!

ということで切ってもらったのが、だから7月のある日。

で、おかっぱを所望したのだが仕上がりはと言うと、同僚曰く

「ま、いいんじゃないの。」

であった。

切られてる間は日本では聞いたことのない「ジャキッ」という音がしていた。

それから2ヵ月以上たったのだが、最近コシノジュンコもびっくりの前下がりというか、触覚が生えてきた。

日本で染めた名残もあるのではちゃめちゃである

次行ってもオカマがいるかわからないが、もう一度怖いもの見たさで行ってみても良い気がする。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

申垣 和美

Author:申垣 和美
14年4月から就職してバンコクで働いていましたが、15年4月より仕事を辞めタイ語と英語の勉強をしています。
ちょっとずつでも絵日記書いていこうと思っています。
糸紡ぎは盛大に続行中です。糸が欲しい人はお知らせください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ヤクの背中で糸紡ぎ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。