スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵日記



毎朝、ご飯を食べる食堂はセルフサービスである。

おばちゃんからご飯を受け取ったら、席を確保し、フォークと氷を汲んで、お水を用意する。

いつもはご飯を受け取ったらすぐにフォークも取るのだが、今日はこぼしそうだったので、先にご飯をテーブルに置いた。

それから氷を汲みに行き、フォークを持って席に戻ると、常連のあんちゃんが私のフォークとスプーンを持ってきてくれていた。

私がフォークを持ってきているのに気付くと、「あぁ、気にするな」という感じでにっこり笑った。

挨拶もしたことない人だが、タイ語も話せない日本人だからいつも気にかけてくれてくれているんだなぁ、と思うと無性に嬉しかった。

私もタイの人たちを幸せにできてるかなぁ。




※氷を汲むという表現にしたのは、大きなクーラーBOXになみなみと氷が入っておりざがざかーとすくうからです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

申垣 和美

Author:申垣 和美
14年4月から就職してバンコクで働いていましたが、15年4月より仕事を辞めタイ語と英語の勉強をしています。
ちょっとずつでも絵日記書いていこうと思っています。
糸紡ぎは盛大に続行中です。糸が欲しい人はお知らせください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ヤクの背中で糸紡ぎ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。