スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵日記



昨日、急に左足のふくらはぎが痛みだしたので、お休みの本日「若石式足つぼマッサージ」に行ってきた。

一時間のうち30分はのたうちまわる痛さであった。

治療院にはマッサージチェアが二部屋に渡り10台弱置かれている。

すごく痛いのだが、痛いと言っている人は誰もいない。

よってすごく痛くでも口をぱくぱくさせたり、のけぞったりしながら黙って耐えた。

隣のおばちゃんは慣れたものでずっと施術師とおしゃべりし、ときどき痛くてちょっとの間黙る程度である。

おばちゃんもやはり、痛いとは言わない。

なんだか、私の身体が異様に悪い気がして不安だったので、終わってから他の人をまじまじと観察した。

そしたら、みんなも痛がっていた。

ただ、ここでは沈黙の行が行われているようで、みんな眉間にシワを寄せるだけであった。



痛い=悪い。と思うのは早合点で、夢半ばで聞いたタイ語から察するに痛くない=悪い。ということもあるようである。

もっとタイ語がわかればいろいろ聞けるのになぁ。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

申垣 和美

Author:申垣 和美
14年4月から就職してバンコクで働いていましたが、15年4月より仕事を辞めタイ語と英語の勉強をしています。
ちょっとずつでも絵日記書いていこうと思っています。
糸紡ぎは盛大に続行中です。糸が欲しい人はお知らせください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ヤクの背中で糸紡ぎ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。