スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵日記



日本語学校で使っている教材は日本のものがほとんどである。

今日はCDを聞いて問題に答える授業があった。

「少し寒いですね。」

ポーン♪

「エアコンを着けましょうか」

「窓を開けましょうか」

「エアコンを消しましょうか」

これがなかなか難しい問題なのである。

まず部屋が暑いか寒いか聞いてみた。

みんな寒いと言う。

正解!!

季節がいつか聞いてみた。

キョトンとしている。

こないだ習ったとこやんか!と思いつつ、秋か冬ですねと言う。

じゃ、答えは?と聞くと、

みんなで「エアコンを消しましょうか」と言う。

さっきの季節がヒントやで!と思いつつ、黙って違いますよオーラを出していると

「窓を開けましょうか」を選択。

それでもまだ違いますよオーラで黙っていると

「どうしてエアコンを付けましょうか、ですか」と聞いてくる。

「CDは日本です」と言うと、

みんな「あ~ぁ。(なるほど~、引掛け問題かぁ)」

という感じ。それから二、三分みんなで相談して

「ヒーターですね」と答えを導き出した。

タイでは寒いと言えば、クーラーの効きすぎ以外ありえない。

そんなときはクーラーを消すのが一番で、それができないビルなどでは窓を開けるのだ。

なので、ちゃんと聞き取れていたのだが全員が不正解を簡単に選んでしまった。

笑っちゃうような間違え方だが、間違えると学生は落ち込むのでうまくフォローして次の荒波を乗り越えなければいけないのだ。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

申垣 和美

Author:申垣 和美
14年4月から就職してバンコクで働いていましたが、15年4月より仕事を辞めタイ語と英語の勉強をしています。
ちょっとずつでも絵日記書いていこうと思っています。
糸紡ぎは盛大に続行中です。糸が欲しい人はお知らせください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ヤクの背中で糸紡ぎ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。