スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵日記



昨日、ふとスマートフォンで何かゲームをしてみようと思い初めてゲームをダウンロードした。

猫が鳴くゲームで、艶子が最初気にしていたもののそのうちいつも通り傍らで爆睡し出した。 

しばらくは静かに寝ていたのに途中からうなされるように寝言を言い出した。

艶子は普段寝言を言わないので不思議だ。






スポンサーサイト

絵日記



私の来世は、うなぎ。

来来世は、かしわと決まっている。

決めたのは私だ。

なのに、今日「中論」にニルヴァーナに続き輪廻もないと書かれていた。

この調子だと、次のページにはチュカパブラもいないと書いてそうである。

私の楽しみが減っていく~。

という状態を現在楽しんでいる。





絵日記



どんなしょーもない映画を見ても寝ないのだが、さすがにねそうになった。

まったく理解できないままおわり、何のこっちゃと思い調べたら映画芸術の頂点みたいに書かれてて明らか王様の耳はロバの耳みたいになってた。

その映画とは「ニーチェの馬」。





絵日記



朝から近所の映画館に行ったら、おっそろしいほど子供がいた。

テレビが特番ばかりだと思ったら春休みだった。

それにしても普段こんなに大量の子供を見ることがないのでびっくりした。

通常、公共機関で子供に気付くのは奇声を発しているなど子供が問題行動を起こしているときである。

なので、大量の子供を目にしてわかったのは意外と害がないということである。

みんな良い子であった。








絵日記



今日は職場でソフトバンクのお父さん犬が当たったり、私の好きな朝日堂でうぐいす餅を一つおまけしてもらえたりとハレの日であった。

昨日難しい龍樹の本の後ろの方を見たらニルヴァーナはない、と衝撃的なことが断言されていたのでどうなることかと思ったがどうにかはなりそうである。




絵日記



カンロは口を切りそうなぐらいツルツルの飴だが、パンを一緒に食べた途端に表面がマットになった。

なぜ、そうなったのか不思議だがガムをクッキーやチョコと一緒に食べたらガムが変になるのと同じかもしれない。

なぜ、カンロとパンを一緒に食べたかはなかなか複雑な事情により説明できない。





絵日記



理由もなく腐敗していたので、理由もなく完全復活!!

かつて、占い師が君は人の話を聞かない。弱ってるときは聞くからそれぐらいがちょうど良いと言っていたのをふと思い出した。

そんなことないで。聞いてんで。言われたとおり実行せーへんだけやで。と思いながら復活。












絵日記



暖かくなり猫の顔がきつねみたいになってきた。

やっぱりうちの子は太っていなかった。





絵日記



呉服屋から出てきた猫が隣の不動産屋の貼り紙を見てるニッカポッカのおじちゃんを下から上まで舐めるように見てた。

猫って人のことをあんな風に見ることがあるんだと勉強になった。

でも、その人が好物件かどうかまでは猫からはわからなかった。





絵日記



本日も引き続き腐敗していたところ、職場の女子が「ステキな金縛り」と「スペック」という映画を貸してくれた。

気分転換してね、と言われたがその優しさがプレッシャーである。

オーシャンティーオームを見たとて発酵に移れそうにないのでまだまだとことん腐敗するしかなさそうである。

キノコがあらわれて分解してくれないだろうかと少し他力本願になりつつある次第である。




 

絵日記



腐敗が進んでいる。

何がってわけではないのに何をやっても気が進まない。

部屋が汚いせいにしてもそんなのいつもだ。

追い討ちをかけるように春になり身体も絶賛浮腫だしている。

唯一救いなのは半分気絶していたとて何ら支障のない仕事だ。

腐ってるわりには今日も1日よく働いたと思うぜ。






絵日記



去年はいていたズボンのウエストがきつくなっていた。

ごはんを食べる前からきつくて気持ち悪くなり、ボタンを外していたところ職場の女子に妊婦のおなかみたい、と言われた。

ゴムウエストが好きだ。





絵日記

13636114461201.jpg

中村元著「龍樹」を読んでいる。

読み始める前から私にとって難解なのはわかっていた。

だが、三回先ずは読んでみようと思った。

三回読めば一回目よりはわかることもあると思うからだ。

だが、読み始めるとどんどんちんぷんかんぷんになってきた。

こうなると、中村さん、わかりづらいですよ、とか、やっぱ仏教って男社会だわ、とか何かと愚痴が頭を駆け巡る。

始めにこれも含めて三回よむことを決意したほうが良さそうなのである。







絵日記



昨年夏に買ったワンピースはノースリーブなため、羽織るものがいる。

お彼岸スタートの本日、聖地で探すも見つからなかった。

実はこのワンピースに合うサンダルもない。

なぜなら夏は汚いサンダルかギョサンしかはかないからだ。

このワンピースを着るのはコスプレ状態なのである。

でも綿の綿具合が良かったのでうっかり入手してしまったのだ。

今年中にアイテムがそろえば吉。




絵日記

13634471928531.jpg

私のメジャーはセンチとインチ表示で、母のはセンチと尺表示である。

インチも尺もなかなか出番がない。





絵日記



昨日の夜、携帯の充電をし忘れた。

仕事が休みだったがめんどくさくてそのまま放置していたら、夜まで電池が残ってた。

人気者だが、誰からもメールも電話もこないのだ。





絵日記



膿栓という長年私にとって不思議なものがある。

喉の扁桃腺のあたりに溜まる膿らしい。

だが、食べ物のかすが溜まっているような感じである。

溜まりに溜まると喉の奥からぺっと出てくるが、今日ふと自分で取れないものかと思った。

ネットで調べるとすぐに出てきた上、動画まであった。

早速試すとすっきりとれた。

ネットって便利だなぁ~。





絵日記



これほど私の人気が高まったことがあっただろうか。

みんなが私とチベット料理屋さんに行きたいというのである。

チベット料理屋がメインで私はただの引率者じゃないかと思った意地悪なあなた!それはノンノンノン。

なぜならみんなたいがいええ大人なわけでチベット料理屋はチベットではなく本町なんてイージーな場所にあるのだから適当にお友達誘って行けるわけです。

そこを敢えて私と行きたいわけです。

あー、人気者だなぁ。

忙しいのに困っちゃうなぁ。

では、みんなとは何人じゃ、と思った性悪なあなた!そこはなかなか鋭いですよ。

二人です。

なのにもう人気者宣言。

如何にポジティブに生きているかが伝わったでしょうか。






絵日記



母がフラワーアレンジメントの教室に通い始め玄関が花だらけになっている。

とうとうトイレにまで花が現れたが、何だか花も私も落ち着かない。


絵日記



本町から梅田までは地下鉄で五分くらいである。

それをOAPの無料シャトルバスで本町からわざわざ桜ノ宮のOAPにまわり、OAPから梅田に行くのである。

なぜかと言えば、そのバスが無料であるし、シャトルバスなのでバス停も何もないとこに止まるのだがその場所を知ってるのが私にとって喜びだからでる。

またOAPに関係ないのに紛れて乗車するのが悪いことしてるみたいで楽しいのである。

で無駄に20分ぐらい旅するのである。






絵日記



ここ半年ぐらいガチャガチャと言えばシークレットである。

だが、事件が起きないようにシークレットの割に華のない内容になっている。

今日も三毛猫狙いでやったガチャガチャで見事シークレット。

よく言えばチャシャ猫のような悪く言えば生まれたてのマウスのような肌色紫なサバ猫だった。

こんなことで運を使っている場合ではない。






絵日記



仕事場で、二つの仕事をやる日だったのでそれを他の人に報告する際

「今日は二足のわらじやねん。」

と言ったら、文字通り足元を見られた。

年下の子だったけど、それにしても二足のわらじって人気のない言葉なんやな。





絵日記



奈良で買った小松菜の若菜はとってもおいしいが、虫にとってもおいしいらしい。

しっかり洗ってもうどんの中でぷかぷか浮いている。

ジャイナ教徒じゃなくて良かった。

しかし、複雑な気分になる。





絵日記



かつて発売されていた月刊きのこをつぶさに読んでいる。

かつて13号まで発売されたようなのだが、一気読みしているので10号あたりから頭がわやわやになってきた。

本からきのこの胞子が出ているのかもしれない。





絵日記



自分でちゃりんこに乗れない幼子が補助イスにのりながら母親に「あっちに行って~」と言っていた。

方向の指示出しではない。

母親にどっかに行けと言っているのだ。

正しいわがままっぷりである。




絵日記



大阪の本町にオープンしたチベットカフェに行った。

アムド料理ですべて辛かったがその辛さに中途半端さがなくおいしかった。

昔は辛い物に旨味を見出せなかったが、成都に三週間滞在し辛い物を食べ続けたところ辛旨に目覚めた。

その結果どえらい辛い物もまぁ平気になった。(天然に限る)

辛さと寒さは似ていて、自分の中での極限まではいきなりその状態になっても平気だ。

因みに寒さは3月初めのジェクンドが私の中での極限の寒さである。



春日の原始林に行った。

ずっと砂利道だったのに突然『有料道路 自転車、歩行者通行禁止』と書かれた立派な道路になり、仕方がないので山道に入った。

びっくりするぐらい山道で同じ山とは思えなかった。

なるほど同じ山ではなく、一方は春日大社の神域。一方はただの山だった。

ただの山の方が雰囲気が良かった。

しかし、一緒に行った母はただの山に疲れてしまい小さい子どものように何を言っても悪態を吐いていた。














絵日記



昔、旅先で出会った旅友と十年以上ぶりにしゃべった。

以前もそうだったのだが私が一方的に話したいことを話し終わった。

人って変わらない。







絵日記



パンツの伸縮性が尋常ではなく、はく前と後で自分のお尻に何か起きたんじゃないかと
思うほどパンツの大きさが変わる。

売ってるパンツははく前サイズなので何とはなしに自分のサイズがそれだと思い込んでいるふしがある。

世の女性に幸せの錯覚を与えるために伸縮機能を付加し続けているのだろうか。







絵日記

13621320439980.jpg

朝、ぼんやりと仕事していたらおっきなボールが飛んできた。

と、思ったらはげの男性がお辞儀してた。

あー、びっくりしたー。






プロフィール

申垣 和美

Author:申垣 和美
14年4月から就職してバンコクで働いていましたが、15年4月より仕事を辞めタイ語と英語の勉強をしています。
ちょっとずつでも絵日記書いていこうと思っています。
糸紡ぎは盛大に続行中です。糸が欲しい人はお知らせください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ヤクの背中で糸紡ぎ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。