スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵日記

13516104138052.jpg

朝、ときどき見かけるこの親子に可能であれば何らかの賞をあげたい。

内訳は、母親と5歳ぐらいの双子の娘と、2歳ぐらいの息子である。

今は娘の一人がサドルを母と分けっこして乗っているが、雨の日やちょっと前までは娘二人は後ろの補助いすに二段重ねにされて乗っていた。

下になった子のぐんにゃりした表情が秀逸である。








スポンサーサイト

絵日記

13515221366351.jpg

シモジマというお店用品を扱うお店で、高さ1メートルほどの空気で膨らませるかぼちゃ三段重ねが売り切れていた。

ハロウィンなんて期間は短いし、どんなお店が買うのかしらんと思った。

そしたら、最寄りの駅前のお店で見かけた。

しかも調剤薬局と眼鏡屋。

全く売り上げとは関係なさそうで、白々しかった。






絵日記

13514370073700.jpg

艶子は体調を崩してトイレまで我慢できないぐらい下痢していて、その原因は子猫なのに子猫を至近距離で観察したがる。

じゃれてくる子猫からささっと距離をとり、じっと見ている。

不思議な猫なのである。








絵日記

13513446075832.jpg

子猫を30分ほど放牧してケージに戻すと、それはそれは立派なうんちをする。

放牧中はトコトコトコトコ走り回っており、便通には適度な運動が欠かせないことがうかがえる。

その後は、よくご飯を食べ爆睡する。

最近めきめきおっきくなっていて子猫ってこんなに大きくなるの早かったっけ?と不安である。







絵日記

13512617686681.jpg

夕方の御堂筋線は目の前でドアが閉まっても全然気にならない。

だって一分おきに電車が来るんだもの。

なんで追突しないのか不思議になる。






絵日記

13511779286570.jpg

朝から毛布を洗いにランドリーに行った。

おばはんが二人やってきて毛布一枚を洗うのに最適な機械を探し出した。

一人は1400円もする毛布五枚は洗える機械を見だし、もう一人がこっちに小さいのがあるからと私が毛布二枚洗っている機械を指差した。

そのもうひとつ隣に毛布一枚用があるのに全然ちゃんと見ない。

さらに機械それぞれに何が何枚洗えるかちゃんと書いてくれているのにそれも見ない。

もし三人いても同じようにちゃんと見ないで感覚で決めるだろう。

訳もなくいらっとしながら帰る道、とろとろ二台の自転車を横並びにしながら走るまた別のおばはんに遭遇した。

信号で運悪く同じ方向に曲がるようでさっさと抜かしたいと思っていたら、何とおばはんたちは車道に二台並列のまま曲がって行った。

交通量の多い道なのに、関係ないようである。

朝はそこかしこおばはん天国のようである。





絵日記

13510922351388.jpg

昨日までは猫じゃらしにノミみたいにぴょんぴょん飛び跳ねるだけだったのに、今日は走ってついてくる。

子猫の成長おそるべし。

そこのあなた!やっぱし今が旬ですよ!








絵日記

13510059668797.jpg

どうやって子猫を拾うのか聞かれるが、目視で見つけたことはなく、鳴き声に気付いて保護している。

甲高い繰り返しの音がすると遠くでもすぐ気付き、気持ちが落ち着かなくなる。

今日も大きい道路沿いの夜道で子猫の声がした。

普段ばっちいと思っている植え込みをかき分け探したがいない。

子猫の声は響くので近くと思っても遠くにいたりする。

結局、道路を越えた茂みにいたのだが、近づくと茂みに隠れてしまった。

母親が近くにいれば良いが、姿も見えなかったので大きさもわからなかった。

それにしても子猫の為ならあの排気ガスまみれの植え込みを探れる自分にびっくりである。

猫神様、今年はもう止めてけろ~。






絵日記

13509129583746.jpg

子猫が二匹でトイレに入ってた。

一匹が水を飲めばもう一匹が飲みたがってるし、ご飯も仲良く食べている。

ただ、猫じゃらしだけはまだ一匹しか遊ばず、もう一匹は警戒して少し離れたところから見ている。

賢くなったもんだ。

そこのあなた!今が旬ですよ!









絵日記

13508255407535.jpg

今月も聖地「四天王寺」へ出向いた。

日曜日とあって人出がすごい上、日差しも暑かった。

いつもはだらだらしてる店の人々も忙しそうであった。

束の間の休息を取っている人がいたのだが、延々続く墓地の塀に向かいうんこ座りをし、新聞紙を広げジュースを飲んでいた。

そこは確かに静かで日陰だったのだが、普通の人なら選ばない場所で、でも立地以外条件は全て満たしていた。

自分の壁は自分が作っており、壊せるのも自分。

何だか勉強になった。

やっぱし聖地である。






絵日記

13507453436854.jpg

神経質な性格の名残で、日中寝るということがあまりない。

しかし、本日仕事があまりにも暇すぎたためちょっと目を閉じたら寝てた。

何だか学生時代を思い出した。


授業中に寝られる大雑把な人が昔はうらやましかったなぁ。








絵日記

13506606549993.jpg

窓の外の塀から家の中を眺めていた艶子が苦々しい顔で

「あんたんとこねこばっかしやな」

と言った。






絵日記

13505661947392.jpg

いつもお世話になっている方の展覧会に行った。

ギャラリーで喋っていると髪の長い芸術家のような男性が展示を一通り見て出て行った。

後でその人が、展覧会のオープニングに来ては出されるお料理を食べるだけ食べて行く人だと聞いた。

そういう人が何人かいるらしい。

世の中いろんな人がいるもんだ。






絵日記

13505660138041.jpg

急に食欲の秋となり、食べるのが止まらない。

しかし、脳の指令に反し身体はいつも通りなのでドカ喰いすると胸が悪くなる。

陀羅尼助を服用しながら多めの食事をするのは我ながらばかみたいだ。





絵日記

13504007554410.jpg 

信号待ちをしている初老のご婦人が大声で吟じていた。

マスクをしてるのは吟じているのが周りにばれないためかと思ったが、ただ口にゴミが入るのを防ぐためかもしれない。







絵日記

13503147073652.jpg

最近、よくそこまで他人を不快にさせられるな、という気分にさせられ、怒り狂うことがしばしばある。

結局、私が至らずつけ込まれたり自ら招いている災いなのだが、怒り狂う度にこれがカルマかとか修行かとか思ってる内に冷静になる。

しかし、怒り狂ってる間はカーリーみたいになってるので周りが心配してくれて甘やかしたり助けたりしてくれる。

これが因果応報か、とか思ったりするのだが何だか安物の仏教ドラマみたいなのでそろそろ抜け出したい。

仏教でいくか、ヒンドゥーでいくか、悩むところである。





絵日記

13502237566490.jpg

外の猫のけんかを見に行った父が、我が家の外猫「牛乳王子」と白っぽい初めて見るオス猫がけんかしてると言って戻って来た。

我が家の周りは牛乳王子が長年縄張りを単独で張っているのだが、交代かなと思い様子を見に行った。

けんかしているのは王子ではなく我が家のカラで、相手はふかふかの三毛猫だった。

父の情報は何一つ当たっておらず、新聞社に就職できるのではないかと思う次第である。







絵日記

13501396615256.jpg

子猫の一匹が、ご飯のあと、一点を見つめて舌打ちしてる。

お母さんのおっぱいを飲んでるつもりなのだろうけど、おっぱいはチキン味じゃなかったろう?

テイスティングのプロみたいでかわいい。

みちゃみちゃの顔やけどな。





絵日記

13500497604655.jpg

仕事から戻ると、子猫の入っているサークルがほぼトイレになっていた。

これでは子猫の必殺技「粗相」は繰り出せない。

確かに食うか、寝るかの生活なのだが最近すこぅし遊ぶが加わったのに、これでは遊べなかろう。

こうやって私も育てられたのかと思うと、まだまともに育った方だと思う。





絵日記

13499655314294.jpg

子猫の出荷が失敗に終わった。

里親募集サイトから希望してきた人だったが夜中にメールでドタキャンしてきた。

理由もわけがわからなかった。

ネットが駄目とは言わないが、やはりトラブルも多そうだ。

落ち込む私を励ますかのようにカラが子猫の毛繕いを初めてした。

真相は子猫の全身に付いている缶詰めをなめたいというものだが、嬉しかった。

艶子はストレスでダウンしているし、ミケリンとヒナに至っては姿を見かけない。

女子チームは基本、他の猫が嫌いだ。

我が家のにゃんこずの為にも早く良い里親を探さなければ。

運命の赤い糸はどこにつながってるんだーー!







絵日記

13498793016093.jpg

去年の春拾った子猫にはヒルズの子猫ごはんセットをよくやっていた。

缶詰めとカラカラとネズミのおもちゃが付いており、コスパの良いお得商品だった。

お店にあるのを買い占めていたのだが、ネズミおもちゃが大量に余った。

子猫が全然遊ばなかったのだ。

その後も、大人猫にあげたり、今年の春入荷した子猫にあげたりしたが、びっくりするぐらい遊ばなかった。

しかし、今回の子猫のうち、一匹がかなり張り切ってこのネズミで遊ぶのである。

私は嬉しいが、もう一匹の子猫は白けた目で遊ぶ様子を眺めている。





絵日記

13498792741972.jpg

子猫が隙あらばベッドの羽毛布団にくるまって寝ている。

その姿が何かに似ていると思ったら、ソンツェンガムポ王だった。

スケールのでかい猫になってほしい。

下痢してる場合じゃないな。






絵日記

13498792381481.jpg

子猫の里親希望の人が現れた。

下痢しているので、下痢が治ってから譲ると言ったところ、急ぎませんと返事がきた。

だが、子猫の写真をメールで送ったところ下痢していても良いので早く譲って欲しいと言い出した。

子猫が絡むと人は待ちきれないようになってしまう。

私は子猫は嫌いだけど(しもべなのでせっせとお世話はします)、皆は心狂うほどに好きみたいだ。

その人の方が日中もお世話してくれるので、子猫は木曜日に早速もらわれることになった。






絵日記

13498791953150.jpg

下痢続きの子猫を病院に連れて行った。

病院のそばの壁には何故か赤色で男性が手を伸ばした姿が描かれている。

等身大で、隣に平仮名で「たすけて」と書かれており、こわい。

何年も描かれたまま放置されており、誰が何のために描いたのか知りたい。





絵日記

13498791304319.jpg

姉の顔がいつもと違う。

何が違うと言われれば、ほうれい線がある。

ほうれい線はある日突然あらわれるものじゃない。

何事かと思ったら、1日ヘルメットを被っていたのだった。





絵日記

13494495324526.jpg

赤ちゃん猫なんて全く猫ではなく、なにかと言われればごみとか塊とかそんな感じである。

食べて寝てうんちするだけなので、最大限良く言って管である。

せめて子猫になってほしい。

そのためにも今は元気な管でいてほしい。








絵日記

13493654182093.jpg

最近、私にしては忙しく、毎日気絶して眠る。

眠る前一時間の記憶がなく、記憶がなくとも行動しているのでメールとか無意識に出してたりすると翌日ひどくびっくりする。

知らぬ間に粗相していたらすいません(先に謝っておこう)










絵日記

13492747855902.jpg

今日の朝ご飯は栗ご飯に三度豆のゴマ和えにゴーヤチャンプル。

お昼ご飯も同じ。

朝の時点で昨日作った三度豆が少し糸を引くのを目視確認してしまった。

だが、めんどくさいのでそのままお弁当箱に投入。

お昼には酸っぱくなっていたが、どうなるものやら恐いもの見たさで口に投入。

結局どうにもならず終了。

何となくこうなるとわかっていた。

つまらん。





絵日記

13491910106601.jpg

お正月がくると一歳年を取ったと考えているので誕生日はあまり重要ではない。

しかし、世間では重要らしく、友人がお祝いの言葉やプレゼントをくれる。

何でもない日に急に嬉しいことが多発するという複雑な気分になる。

誕生日とは複雑な気持ちになる日である。





絵日記

13491029749650.jpg

病院に連れて行って、高栄養の缶詰めを先生がやったら缶詰め抱え込んで鼻まで突っ込んで食べた。

そしたら警報装置が解除されて鳴かなくなった。

飢えてた。

私が買ってきた子猫用のはまだはやかったらしい。

あむない、あむない。。





プロフィール

申垣 和美

Author:申垣 和美
14年4月から就職してバンコクで働いていましたが、15年4月より仕事を辞めタイ語と英語の勉強をしています。
ちょっとずつでも絵日記書いていこうと思っています。
糸紡ぎは盛大に続行中です。糸が欲しい人はお知らせください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ヤクの背中で糸紡ぎ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。